読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画

映画 海街diary 是枝裕和

風景の場面が心地よかったです。 娘が漫画で読んで良かったから映画でも見たい、ということで娘と一緒に観ました。 3姉妹とすずのキャスティングはこれ以上ないと思えるほど適役でした。それぞれのイメージそのままの役でと思えました。 映画のストーリーを…

映画 血と骨

人は何のために生きるのか考えさせられました。また、人が人を理解することの難しさを感じました。 不器用な人ほど、自分の追い求めることに矛盾が生じたとき、一方を否定できずに、それぞれに対して肯定することによって、俊平のような二面性が生まれるので…

映画 パージ

恐怖映画には2種類あって、一つは心霊やゾンビなど未知の未確認への恐怖があって、二つ目は、人の恐怖だと思います。心霊やゾンビのホラーは、現実感がない分、リアル感が出せなかったら、一気に興ざめしていまいますが、人の恐怖は、リアルな分、観るほど…

映画 淵に立つ 深田晃司

何年もくすぶる怒りや、一気に燃え上がったり、絶望を感じてある瞬間プツンと切れる感情が表現されていました。 丁寧に設定され、撮影されており、役者の演技も素晴らしく、予想以上に引き込まれる映画でした。 利雄夫婦は、何があったのか知りたいために八…

映画 湯を沸かすほどの熱い愛 中野量太

自分がいなくては家族が回らないと思っている間は、なんの疑いもなく、家族への責任を感じつつ生活をしていきますが、自分の余命が数ヶ月だとわかった時点で、ボクは家族に何ができるのだろうか考えさせられました。 自分が死んだ後、残された家族の生活を考…