カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

相場英雄

ガラパゴス  相場英雄

ボクらロスジェネと呼ばれる世代の働き方や現代日本の過酷な社会システムが描かれた小説でした。確かに、日本は戦後復興を遂げ、高度経済成長期にがんばった日本人は素晴らしいと思いますが、そこから権益の守りに入ってしまったのでしょうか。バブル崩壊の…

不発弾 相場英雄

昔のサラリーマンは、「朝駆け」、「夜討」、「首切り」とか、自分たちを武士のように、表現していましたが、それは高度経済成長からバブル期にあたって、自分たちが時代をつくっているという思いと、司馬遼太郎や吉村昭などの歴史小説から、自分らを武士に…