カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

青山文平

【レビュー】励み場 青山文平

小説において、セリフとセリフの間の描写が多すぎると、リズム感が失われますが、その描写が巧みであるほど、次のセリフの深みが増すという効果が存分に感じられます。そのような文体と思いました。 青山文平の二冊目でしたが、ボクは青山文平にハマりつつ…

【レビュー】遠縁の女 青山文平

遠縁の女 [ 青山 文平 ] 価格:1620円(税込、送料無料) (2017/10/13時点) 青山文平を初めて読みました。 短編ですが、非常に良いと思いました。 どの作も終わり方が独特で、余韻の残る読了感でした。特に最初に読んだため印象に残った一編目の「機織る武家…

遠縁の女 青山文平

青山文平を初めて読みました。短編ですが、非常に独特と思いました。どの作も終わり方が独特で、余韻の残る読了感でした。特に最初に読んだため印象に残った一編目の「機織る武家」はそこで終わるのかという場面が印象的でした。歴史の考察が深く、薄っぺら…