カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

【レビュー】映画 ゼロ・グラビティ

 

宇宙空間は魅力的ですが、船外に出ることは危険なことなのだとわかりました。

ストーリーとしては、特筆することはないのですが、無重力の表現と宇宙空間の様子がリアルだと感じました。

ボクは宇宙には行ったことなどないのですが、それでもリアルだと感じたのは、映像の作り込みと、サンドラ・ブロックの演技が魅力的なのだからだと感じました。

 

撮影当時、サンドラ・ブロックは45歳前後だと思われますが、演技に、美貌はもちろん強さが際立ち、強さは美しさを際立たせるのだと思いました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=aE6o6WvObKk

 

諦めて運を天に任せるよりも、絶体絶命だと思われる状況でも、思考し続け行動することは生き延びるために重要なことなのだと改めて感じました。

 

宇宙空間の怖さが伝わり、できれば宇宙には行きたくないなと思いつつも、宇宙空間から眺める地球は美しいのだろうとも思いました。

 

[blogcard url="https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4364/"]

 

スポンサードリンク