カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

【レビュー】楽園のカンヴァス 原田マハ

 

絵画がテーマで、ずっと読みたいと思っていた小説でした。ルソーやピカソ、美術館等の基礎的理解を深めつつ、スマホ片手に読み進めました。

 

写真が誕生してから絵画は芸術としてさらに発展することを迫られますが、それによる前衛的、近代的と言われる画家たちの苦悩が理解できました。

 

また、周囲の評価によって作品の価値が変化する点において、絵画を見る者の感性が画家の感性に共鳴できなければ、その作品の評価は正しくできないことにも気付きました。

 

画家を理解するには、ただその作品を見続けることというオリエとティムの会話には絵画鑑賞の真髄を感じました。

 

話題となった本にハズレはないと確信できる一冊でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽園のカンヴァス (新潮文庫) [ 原田マハ ] 価格:723円(税込、送料無料) (2018/3/28時点)