読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とボク

カイコタンです。
 
ボクらが普通に生活していく上で、お金は非常に大切です。
 
友とか、家族の絆とか、お金よりももっと大切なものがあるという人もいますが、まずはお金を中心に考えてみたいと思います。
 
 
自分の生活レベルを維持していく上で必要なだけのお金の額は人それぞれですが、例えば、男性の一人暮らしであれば、家賃、食費、その他を満たす手取りが生活していくことができます。
 
田舎の安い住居で贅沢しなければ、月10万円もあれば生きていけるかもしれません。
つまり、田舎で一人暮らしであれば、手取り月10万円ほど稼ぐ仕事があれば生きていけるということです。
 
安い時給であれば、それなりの時間を働かなければなりませんが、高い時給であれば、労働時間は少なくて済みますので、仕事をしなくてもよい時間には自分を時間をもつことができ、仕事を選ぶことができるかもしれません。
 
 
しかし家族がいれば、必要となるお金の額は大きくなります。
特に子供がいれば、人並みの生活をさせてあげたいのが親心ですが、そのためには、それだけの額を稼げる仕事につかなければなりません。
 
その場合、仕事を選ぶことはできないかもしれません。
 
 
どんな仕事をしようが自由ですが、自分や家族の生活レベルを維持しようとすれば、それだけのお金が必要になるということです。
 
しかしほとんどの人は、望む生活レベルを目指して仕事を選ぶわけでなく、自分ができる仕事をして、その給料の額で生活レベルが縛られるという順序で生きています。
 
いつの間にか高まってしまった生活レベルを維持するため、今ついている仕事を辞めるわけにもいかず、節約してもお金が残らない、給料も上がらないという人が多くいます。
 
 
では、前の例で言えば、月10万円で生きていけるのに、月20万円稼いでしまう場合はどうなるのでしょうか。
 
また、時間に余裕がある場合は何をするのでしょうか。テレビを見たり、パチンコに行ったりするのでしょうか。
 
金銭的にも時間的にも余裕ができたときに何をするかは、その環境になって初めて考えたり、何かをはじめも、結局は軸がなければすぐにやめてしまうことになると思います。
 
 
そうです、今の年金生活者の生活に触れているのです。
 
ボクが知る限りの年金生活者のほとんどは、野菜作りを投げ出すか、パチンコに入り浸るか、テレビを見るか、時間を持て余し、でも年金で十分生活できるから、働くという考えは全くない人がほとんどです。
 
つまり、仕事とはお金を稼ぐためにするのであって、お金を目的とする必要がなければ働かないという考え方になります。
 
ボクらは、今の年金生活者のような余生を過ごすことはできないと考えています。
 
仕事とは何かということを考えていかなければなりません。
 
 
お金のために仕事をするという考え方だけでは、これからの時代生きていくことはできないのかもしれません。
 
お金とか関係なく、自分にできて、生涯続けていけることが実は仕事なのかもしれません。
 
そのような仕事はサラリーマンには見つからないと思います。
 
ボクも見つかっていませんが、まずお金という立場から仕事を見るのではなく、仕事側からお金というものを見つめてみることからはじめてみようと思います。