カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

白日の鴉 福澤徹三

それでもボクはやってない」(2007年公開)を思い出しました。


痴漢に疑われたら、やってないことを証明、いわゆる「悪魔の証明」を被疑者が行わなければならないという、冤罪が生まれやすい状況に陥ってしまいます。


本書は、単に金銭目的や嫌がらせというより、もっと深い理由があったため、主人公は嵌められましたが、一般的な痴漢冤罪であっても、一度疑われれば、職や家族を失うことにもなりかねないため、結局は疑われないことが重要なのだと思いました。

 

女性側の視点で考えれば、疑わしい人はずっと疑わしいままで、男性が必死に潔白を証明しようとすればするほど、疑わしく見えるのでしょうが、「もしかしたらこの男性はないかもしれない」という余地があるまま告訴するとすればと、間違った側へのペナルティはもっと大きくてもよいと思いました。

 

白日の鴉

白日の鴉