読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 パージ

恐怖映画には2種類あって、一つは心霊やゾンビなど未知の未確認への恐怖があって、二つ目は、人の恐怖だと思います。
心霊やゾンビのホラーは、現実感がない分、リアル感が出せなかったら、一気に興ざめしていまいますが、人の恐怖は、リアルな分、観るほど増幅されていく感覚になります。


人の裏面は誰にでもあるのかもしれませんが、本作のように、それが野性的に露見する社会システムが作られれば、人の社会性は簡単に崩れて、すぐに北斗の拳の世界に落ちていくのではないか思いました。

 

設定が斬新でわかりやすい内容でした。その分、展開が予想できてしまうところや、やや強引なストーリーがやや残念でした。

中二娘と観ました。傷口のシーンなど少し怖いところもあったようですが、終始楽しめていたようです。