カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

ボラード病 吉村萬壱

小説におけるリアリティを追及しても、作者の主観から脱却する客観は不可能であるとすれば、フィクションとしての物語を追及するべきと思わされました。


舞台のモデルを探しながら読みましたが、読み進めるうちにその思考は無意味であると気づきました。


何も感じない読了感覚でした。

 

ボラード病 (文春文庫)

ボラード病 (文春文庫)