カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

金色機械 恒川光太郎

SF的な設定でありながら、歴史的な背景もしっかりあって、面白く一気読みできました。
 
結果的に遥香の目的が達成されるストーリーには裏切られず、最後まで好奇心をもって読み進めることができました。

大きな世の中の出来事であっても、時が過ぎれば、ただの昔話となるという、流れる時間的感覚がさっぱりした読了感に繋がるのだと思いました。

 

金色機械 (文春文庫)

金色機械 (文春文庫)