カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

峠越え 伊藤潤

家康の伊賀越えまでの内容でした。家康と光秀は通じておらず、穴山梅雪は家康に殺されるという、通説を外した内容で面白かったです。


本能寺の変前後について、後世のボクらはダイナミックな裏話を期待してしまいますが、本当の歴史は、本書のように、その場その場の判断の積み重ねでしかないのだとも感じました。


もっと悪どい家康像があっても良いと思うし、そう意味では、現代に通ずる通説や家康像を綿密に作り上げた徳川幕府はすごいとも感じました。

 

峠越え (講談社文庫)

峠越え (講談社文庫)