カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

遠縁の女 青山文平

青山文平を初めて読みました。
短編ですが、非常に独特と思いました。

どの作も終わり方が独特で、余韻の残る読了感でした。特に最初に読んだため印象に残った一編目の「機織る武家」はそこで終わるのかという場面が印象的でした。

歴史の考察が深く、薄っぺらい歴史ものではなく、古い日本の情景を通して、人の心を深い部分を描く小説は新しくも感じました。

 

遠縁の女

遠縁の女