カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

幕末 戦慄の絆 加治将一

南朝革命論の流れで読みましたが、やはり幕末を南朝革命という視点から見た時のすっきり感を感じられました。

和宮の左手がないという切り口から、和宮すり替え論に発展し、旭形亀太郎、有栖川宮熾仁、出口王仁三郎と続けば、読み終えるまでは抜け出せない加治史観にどっぷり浸かってしまいました。

それにしても、徳川家茂孝明天皇の死、フルベッキ写真の存在、坂本龍馬暗殺、明治天皇の不可解性等、理解しがたい幕末の疑問が南朝革命論にて全て腑に落ちるという点からは、やはり一つの説しては非常に興味深いと感じました。