カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

映画 百瀬、こっち向いて。

解釈は観るものに委ねるという姿勢の映画は考えさせられます。

原作は読んでいませんが良いものなんだと思われ、映画がより具体的に良い作品になったのだと思いました。

 

実際観るまでは敬遠気味でしたが、心が揺り動かされる場面がいくつもありました。

それぞれがよく演じようとするのは、出演者の若さゆえの相乗効果のようにも思え、撮影現場も良い雰囲気であったのだろうと想像させられました。

 

心動かされる作品は良い映画であり、むしろエンターテイメントはそうでなければならないというのはボクの基準ですが、起承転結のはっきりした作品よりも、このような作品をボクは好きなのだと改めて感じました。

 

百瀬、こっちを向いて。