カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

あやし うらめし あな かなし 浅田次郎

怪談というものでもなく、少し不思議な話を集めた短編集でした。 


あまり面白い!というものはありませんでしたが、あえて言うなら、一編目の「赤い絆」がありがちな話しでまとまりが良かったと思いました。