カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

一刀斎夢録 浅田次郎

武田鉄矢新選組が嫌いだということですが、それは龍馬を軸に見てのことだと思います。 
薩長の史観教育によれば、幕府側の新選組は悪ということになりますが、その理論で言えば、国に戦いを挑んだ西郷も悪となるところ、そうではないところに何かが潜んでいるということでしょう。 

本書を読み終え、西南戦争を教科書的に理解していた自分を恥ずかしく思いました。 
西南戦争となるまでの名称の変化や西郷復権の経緯を見ると、確かに、西郷と大久保企てだ一大計画であっとすれば腑に落ちます。 

西南戦争における各所の戦いばかりを追いかけ、西郷軍の愚策に疑問を抱かなかった現代人のボクでも、完全に西郷と大久保の術中にはまっていたということでしょうか。 

さらに本書は、ボクがそれまで抱いていた、斎藤一の印象、新選組のイメージを大きく変えるきっかけとなり、幕末に関しての新たな視点をもつきっかけとなる予感です。 

続けて、浅田次郎新選組を読んでいきたいと思います。

 

一刀斎夢録 上 (文春文庫)

一刀斎夢録 上 (文春文庫)

 
一刀斎夢録 下 (文春文庫)

一刀斎夢録 下 (文春文庫)