カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

僕たちの戦争 萩原浩

新しい環境に順応しようとしたとき、それまでの価値観に縛られない柔軟性が必要と思いますが、現代と第二次世界大戦中の若者がタイムスリップすると、どう順応していくのかという点で面白く読めました。

現代人の健太が特攻までに至る心理は、結局愛する者を守りたいというものになっていますが、逃げ出せない土壇場であれば、そういう自己美化的な思考によってしか救われないのではないかとも感じました。

ベタな設定であっても飽きさせないのは主人公の心の変化が丁寧に描かれているからなのだと思いました。

 

僕たちの戦争 新装版 (双葉文庫)

僕たちの戦争 新装版 (双葉文庫)