カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

月島慕情 浅田次郎

短編が7つおさめられていますが、タイトルにもなっている「月島慕情」がぼく的には一番良かったです。 

浅田次郎にはいつも一瞬でその小説の中に入らされます。 
意外とキーワードが前半部分に出てくるためにその時代背景や設定が分かりやすいのではないかと思いました。 

そういう意味では、「雪鰻」も前半部で大まかな部分が分かり丁寧に中盤が描かれてきっちり結末が描かれている点で、分かりやすく深い浅田次郎の世界となっていて安心して読み進められました。 

心地よい読了感は裏切られない作家の一人です。

 

月島慕情 (文春文庫)

月島慕情 (文春文庫)