カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

ラフ・アンド・タフ 馳星周

読了後の切なさや哀しさは馳星周独特で、ボクはそれを求め、期待しているから馳星周を読むのだと再確認しました。 

 

このあとどんな結末が待っているのかは、馳ファンなら感じることができますが、それを先読みせずに、馳ワールドにどっぷりと浸かるのがよいと思いました。

 

ラフ・アンド・タフ (講談社文庫)

ラフ・アンド・タフ (講談社文庫)