カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

私の庭 浅草編 花村萬月

権介は蝦夷に渡るのか、私の庭とは蝦夷なのかという視点を持って読み進めるには、圧倒的過ぎる量で、ただ権介を追うことしかできませんでした。 


幕末の目まぐるしい社会の変化には一見無関係のように見える権介ですが、結局時代に翻弄されているのだとも感じました。 

ずっと権介を見ていたいという気持ちで続編を読むのが楽しみです。

 

 

私の庭 浅草篇 上 (光文社文庫)

私の庭 浅草篇 上 (光文社文庫)

 
私の庭 浅草篇 下 (光文社文庫)

私の庭 浅草篇 下 (光文社文庫)