カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

私の庭 蝦夷地編 花村萬月

権介と茂吉の性格は対照的ですが 、権介はある種超越した性質を持つことから、ボクは茂吉側の視点に立ちました。

蝦夷でのサバイバルは想像の世界でしかありませんが、強烈な寒さとアイヌの知恵は、旅を知る花村萬月の経験が裏打ちされた描写だと感じました。

権介と茂吉は再会するのでしょうが、何処でどんな形で再会するのか続編が楽しみです。

 

私の庭 蝦夷地篇〈上〉 (光文社文庫)

私の庭 蝦夷地篇〈上〉 (光文社文庫)

 
私の庭 蝦夷地篇〈下〉 (光文社文庫)

私の庭 蝦夷地篇〈下〉 (光文社文庫)