カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

【レビュー】秀吉の枷 加藤廣

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秀吉の枷 3冊セット [ 加藤廣 ] 価格:1944円(税込、送料無料) (2017/10/18時点)

 

秀吉の生涯をたどるとき,歴史上の人物だからとか,現代では考えられないような権力をつかんだからという理由だけから、秀吉の人生を理解しようとするのはもったいないと思いました。

現代人の感覚からは、秀吉の生き方は理解不能としてしまうのではなく,秀吉の人生から現代にも通ずる何か大切なものあるのではないかという感じました。

 

この小説はフィクションで,筆者の推理がかなり織り交ぜられていますが,史実が大きく外されている訳ではありません。

はじめてその説に触れるボクとしてはショックですが,そこから見えるドラマは現代の日本人にも通じるところがあり,一人の人間としての秀吉を見ることができたような気がしました。

 

秀吉の生涯,特に本能寺の変を中心にそれ以後が描かれています。上巻からかなりの量がありますが,飽きさせない構成になっており最後まで一気に読むことができました。

 

人におすすめしたくなる本です。

スポンサードリンク