カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

【レビュー】昨夜のカレー、明日のパン 木皿泉

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫) [ 木皿泉 ] 価格:648円(税込、送料無料) (2017/11/27時点)

 

設定を掴むのに時間がかかり、いつ読むのをやめようかと思いながら読み進めましたが、そこはやはり2014本屋大賞2位は伊達ではなく、いろいろな伏線や横のつながりは面白かったです。

 

一つの出来事であっても、立場や視点が違えば、違った見え方がするという、主人公を中心としない展開が心地よい読了感でした。

 

ドラマ化されているようなので、そっちも見てみたくなりました。 もっと早くに読めばよかったと思える小説でした。

 

スポンサードリンク