カイコタンの読書ブログ

読書したり映画を観て感じたことをつづっていきます。

【レビュー】映画 グレートウォール

 

万里の長城は、マンガ「魁!!男塾」で、田沢、松尾が万人橋をかけるシーンが印象的ですが、その時のボロボロの万里の長城ではなく、鉄壁な万里の長城が描かれていました。

 

[caption id="attachment_832" align="alignleft" width="450"] 魁!!男塾[/caption]

 

 

 

 

 

 

 

[blogcard url="https://dic.pixiv.net/a/%E4%B8%87%E4%BA%BA%E6%A9%8B"]

 

途方もなく長い、「万里もある長い城」という名前だけあって、「城」としての機能が備えられて、防衛線であることがよくわかりました。

あくまでフィクションという前提で観たとき、エンターテイメントとしては、ストーリーも設定も面白い作品でした。

やはり中国映画の華麗な武闘シーンではなく、リアルな怪物との戦いというシーンに惹きつけられるのだと思いました。

城の多くの動力は人力で裏方の人員はどのくらいいるのだろうと思ってしまいました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=B9xMPUVLjsQ

 

中2の娘と観ました。

 

CGがすごいので、鳥瞰のシーンは場面の広大さがよくわかり、まるで実際に見下ろしているかのような感覚でした。

 

 

スポンサードリンク